歴 史

 正式名称 五法院
 沿革 昭和50年から活動。
 活動の趣旨ないし目的 一般への布教活動。“主”からの教えによって、“主”への奉仕、社会に貢献することによって、自らのしあわせを得る。「世界平和」「心の平和」
 崇拝対象 天照大神・釈迦如来・九天玄女 他
 教典 五法院は、御瀧政子が“主”によって、啓示を受けた「心の本」と「心の扉」にもとずき、代表の裁定発表されたものを教典としている。そのほか、祝詞、般若心経、観音経など。
 五法院と水晶 御瀧政子が“主”からの啓示を受けるために用いるのが水晶。“主”の波長をもっとも受けやすいとして、五法院の象徴のひとつでもある。

 代表 御瀧政子について

御瀧政子

心理研究家。作家。ヒーリング クリエーター。
8歳のころから人とは違う力を自覚。宇宙からのパワーとメッセージを受け取るチャネラーまたヒーラーとして、心身の癒しを与える力を得ている。
中国中央民族大学、カナダPacific Language Instituteなど、海外40数カ国へ留学または長期滞在や旅を経験。その多くの経験から民族的発想や国民性の違いによる生活感、考え方等に深い興味を抱き、独自の視点から心理学、血液型分類、占い等について研究を始める。個人カウンセラーとしての信頼も厚い。現在は、主に≪心≫≪精神のゆとり≫≪恋愛≫といった“人間の心理面”をテーマにした内容を中心に70冊以上の執筆、講演、セミナー、テレビ・ラジオ出演等の活動を展開中である。
〔HP〕http://www.mitaki-masako.net

<鑑定MENU> 
タロットカード、オーラ鑑定、姓名判断(命名、改名)、手相、前世調査、祈願(魔法)、カウンセリング、リーディング、チャネリング など

法主ホームページ
※法主の新刊「心理テスト&おまじない まじかる☆」池田書店より絶賛発売中。


このページのTOPへ