2018年5月 法話
「自由に そしてのびのびと」

空の雲のように風を感じ流されていく
形を変え自由自在に空で舞う
空は無限で澄みきり
開放を与えてくれる
のびやかで やさしく
たおやかで ゆるやか
本当の心は 縛られず 頑なでなく
自由であらねばならない












「正しいことを心でみて 信じて進んで」

 暖かい陽射しが降り注ぐ5月は春の訪れをしっかりと感じさせてくれる月です。

 寒い冬は、身も心も縮こもりがちなので、やっとのびのびとすることができますね。

 暑いのが苦手な私は、春は好きですが、夏はしばらく先でもいいと思っていますが。

 今月は、縮こまっていた、体と心を深呼吸とともに大きく伸ばしてから、スタートを切りましょう。

 新しい空気を入れたところで、まっすぐ前を見て進んでいきましょう。何か物事を決定しなければならないときは、自分の心に確認して、今決めようとしている物事ことが正しいことかどうかで判断すると良いでしょう。

 「真実の正しさ」で物事を行っていけば、胸を張って、前をしっかり見据えていけます。

 そうすれば明るい未来をキャッチすることに結びついていくのです。

 「正々堂々」とした考え方は、自分自身の心から発する態度へと導いていってくれるはずです。



法主




《法話お茶会》

 法主の“心のためになる”お話です。心が疲れた方、なんだか心が満たされないと感じている方、元気になりたい方はぜひお越しください。心が澄んで、元気になれることでしょう。
 参加ご希望の方は五法院までご予約ください。
 03-3535-3911




2018.5.1


このページのTOPへ