2018年7月 法話
「再生、そしてスタートの風を受けて」

何度かの再生の後
いつでもやってくる新たなスタート
慣れることは良い出会いを迎えられず
いつでも新たな気持ちで迎えよう
新鮮な風が窓から入ってくるように
心の扉を開けて
新しいスタートの風を待ちうけよう












「いらないものを捨てるなど、環境整備を重点にする」

 早いもので、もう一年も半分を過ぎました。
 本当に月日が経つのは早いですね。また、半年を振り返ると、また、走っていました。ずいぶんと自分ではスケジュールを調整してたくさん取らないようにしていたつもりでしたが、気がつくと予定がぎっしり。まあ、運命的に仕方がないか……。と思いながら、それでも調整しなければ、おそらく倍になっていたと思います。今年は後半も、忙しくなりそう。体調管理しながら、進めていこうと思います。

 それでは、後半に突入した7月はどのように過ごしたらよいのでしょうか?
 「環境整理」が今月のテーマです。
 そのためにはまず、今年前半を振り返りましょう。1月から順に。反省すべき点があれば反省してください。そして、前に進むべく考えを持ってください。
 次は、いらない考えや想い、対人関係から、不要な書類や荷物などをなるべく早く捨てましょう。
 空っぽにするのがいちばん。空っぽにした後、せめて今月いっぱいは空いたところにまた新しいものを詰め込まないようにしてください。人は無意識に、空いたスペースを埋めようとするからです。
 私は、6月に入って、少しずついろいろなものの片づけを始めましたよ。机の中の整理や、ストックの食料品、仕事の資料など。引き続き7月いっぱいまでする予定です。
 そして、その空っぽになったスペースは風通しをよくしておくことです。よく掃除をし、空気の入れ替えをすることで、その間頭の中が整理されます。
 もちろんそれまでは、新たな物事を行うことはしない方がいいです。きちんと整えておけば整えておくほど、来月に新たな良いスタートが切れます。そして、新規の物事は、来月までじっくり考えてから、決断、行動をするようにしましょう。



法主




《法話お茶会》

 法主の“心のためになる”お話です。心が疲れた方、なんだか心が満たされないと感じている方、元気になりたい方はぜひお越しください。心が澄んで、元気になれることでしょう。
 参加ご希望の方は五法院までご予約ください。
 03-3535-3911




2018.7.1


このページのTOPへ