2019年11月 法話
「希望」

永遠っていうことは
森の中に一羽のフクロウが
迷い込んだかのように
自分の居場所を探している
本来あるべき自分の居場所は
いったいどこにあるんだろう
もうすぐそこにたどり着けそうと
希望を持ちながら
前に飛んでいく












「控えめに マイペースで進もう」

11月になって、やっと秋らしい様子になってきたこの頃ですが、ホッとすると同時にもう年末がそこまでやってきていることに気づかされます。残り後2か月のうちにやり残したことがないように気を引き締めないといけないと思いました。

さて、今月は「落ち着いて、目の前のことをきちんとやること」が大切です。仕事でも、対人関係でも、約束事でも、バタバタした気持ちや慌ただしい周りの空気に押し流されず、あくまでもマイペースに。一つずつ丁寧に確実に信頼される言動で過ごすようにしてください。
今月は、軽さや調子の良さは禁物です。場を明るくさせようとしたサービス精神ですら、周囲の人たちからはお調子者や八方美人と思われ、良い評価を受けないでしょう。「控えめににっこりと笑う」ぐらいが良さそうです。ちょっと人から見ると、付き合いが悪いと思われるぐらいでも、結果はその方が良さそうです。自分のことを大切にするのではなく、結局は周りの人にもいい影響が行くはずです。
自分のペースで進め、一段落ついたら、初めてそこで周りの景色がしっかりと見えるはずです。それまでは、目の前の自分のやるべきことをしっかりとやりましょう。



法主




《法話お茶会》

 法主の“心のためになる”お話です。心が疲れた方、なんだか心が満たされないと感じている方、元気になりたい方はぜひお越しください。心が澄んで、元気になれることでしょう。
 参加ご希望の方は五法院までご予約ください。
 03-3535-3911




2019.11.1


このページのTOPへ