2018年4月 法話
「甘い香りのする世界へ」

甘い香りのする風が吹いてくる
きれいな花が咲いている
柔らかい草が絨毯のように地面を敷きつめ
歩き心地の良いクッションのよう
道はうねうねと先に進み
誘われるように進んでいくと
そこには透き通ったきれいな小さな湖が
「さあ、入りましょう〜♪」
と、きれいな歌声が聞こえてくる
あなたは一歩足を進め…。
入ろうかどうか、迷っている












「春の風に巻き込まれず 用心深く 冷静がいちばん」

 長かった冬も終わりを告げ、気候も心もほんわかした気分になれる季節を迎えました。

 新しいスタートを切る方も多いのではないでしょうか。

 今月のアドバイスは、うれしさをたくさん心と体で感じ取りながら、片や客観的に見ている自分をきっちり持つようにしましょう。まあ、浮かれ過ぎるということはないでしょうが、ともするとアルコールなどが入ると理性を失いがちです。うれしいことがたくさんあった方や、テンションが上がりがちな方は、どこかに冷静さを忘れないように肝の銘じておくといいでしょう。

 また、反対に不安に陥りやすいタイプの人は、新しいことが苦手なはず。不安を感じた方は、あまり神経質に考えず、来るものを柔軟に受け止めてください。

 新しい風が入り、古いものとがグルグルと混ぜ合わされているたような状態の今月。振り回されないように、自分の足を地にしっかりと着けて、周りの様子は客観的に観察しているようにし、すぐに行動に移したり発言したりしない方が良いでしょう。新しい風が収まってから、また、一人になってから、よく考えて判断すると正しい答えが導かれてくるはずです。



法主




《法話お茶会》

 法主の“心のためになる”お話です。心が疲れた方、なんだか心が満たされないと感じている方、元気になりたい方はぜひお越しください。心が澄んで、元気になれることでしょう。
 参加ご希望の方は五法院までご予約ください。
 03-3535-3911




2018.4.1


このページのTOPへ