2019年10月 法話
「永遠な形を 追い求めないで」

永遠っていうことは
何事においてもないけれど
それに近いことは
心を大切にすることによってかなうこと
きれいな夕日のように
空に浮かぶ雲のように
自然に形を変えてものごとは
消えたり 進んだりしていく
違う形に変化しても
思う心は同じもの












「“知らせ”や“変化”が、季節の変わり目とともにやってくる」

今年はいつまでも残暑が続く長い夏でしたね。
毎日の温度の上下に疲れている人も多いのではないでしょうか。

さて今月は、季節の変わり目で吹くちょっと肌寒い風が秋の訪れを告げてくれるように、私たちの心にも「変化」があるということのお知らせがありそうです。その変化は大方、望んでいることの場合が多いと思われます。
変化を恐れがちな人が多いのですが、大切なのは変化が起きても怖がらないことなのです。
変わることを恐怖に思わず受け入れてみてください。
今回は良い知らせの可能性の方が高いので、むしろ、積極的に変化を受け入れるようにした方が良さそうです。
その“知らせ”や“変化”は、昔の友人や知人からのお知らせだったり、自分が前に考えていたことなどが関係していたりでしょうか。そういうことは、まいた種が生えてきたということ。温かい気持ちで育ててあげるといいですね。
また、以前親しかったのにちょっと縁遠くなった人などへ、こちらから連絡してあげるのもいいお便りが聞けるかも。
いずれにしても今回の風は、秋風ほど心さみしくなることは決してありませんから大丈夫。



法主




《法話お茶会》

 法主の“心のためになる”お話です。心が疲れた方、なんだか心が満たされないと感じている方、元気になりたい方はぜひお越しください。心が澄んで、元気になれることでしょう。
 参加ご希望の方は五法院までご予約ください。
 03-3535-3911




2019.10.1


このページのTOPへ